2019年4月6日(土)

DD2号 ヘッドライトウォッシャー  − 操作方法は?

最近、DD2号は調子がいいため特にメンテネタがなく、このサイトも掃除ネタなんかでごまかしているぐらいだ。しかし、先日、運転中に不吉な「ポーン」という音が・・・。コンソールを見てみると、写真1のような警告表示があった。


写真1 警告表示

なんだ、ウォッシャー液切れか・・・。そういえば、以前にウォッシャー液を入れたのはいつだろう? そんなことを思いながら、今日洗車したついでにウォッシャー液を補充しておいた。ウォッシャー液は、写真2のように、ボンネットを開けて車両右前にある蓋を開けていれる。


写真2 ウォッシャー液を入れるところ

ウォッシャー液のタンクは全く見えないため、どれぐらい減っているのかや、どれぐらい入るのかは全く分からない。そこで、取扱説明書を見てみると、写真3のようにウォッシャー液が5リットル入ることがわかった。


写真3 ウォッシャー液タンクの容量

DD2号はフロントガラスもポリラックを塗って撥水加工しているため、ウォッシャー液としては洗剤液ではなく、ただの水を使っている。そこで、写真4のように、2リットルのペットボトルに水道水を入れる。


写真4 ペットボトルに水を入れているところ

そして、写真5にペットボトルに入れた水をウォッシャー液タンクに入れる。


写真5 ウォッシャー液タンクに水を入れているところ

何度か水を入れると満タンまで入るはずだ。 今回は4リットルちょっとぐらい入った。

さて、ウォッシャー液タンクに水を入れながら気づいたのだが、DD2号には写真6のようなヘッドライトウォッシャーが付いている。


写真6 ヘッドライトウォッシャー

そういえば、DDは一度もヘッドライトウォッシャーを使ったことがない。というか、そもそもどうやって使うんだろう。写真7のようにヘッドライトスイッチの回りには、それらしいスイッチがない。


写真7 ヘッドライトスイッチ回り

どうやってヘッドライトウォッシャーって出すんだろう? もう一度取扱説明書を出してよく見てみると、写真8のような記述がある。


写真8 ワイパースイッチの説明

写真8のアンダーラインを付けたところに「ヘッドライトウォッシャー」と書いてある。もう少し読み進めてみると、写真9のような記述を見つけた。


写真9 ヘッドライトウォッシャーの説明

どうやら、ヘッドライトを点灯させているときにレバーを手前に引くと、一定の間隔でウィンドウウォッシャーと同時にヘッドライトウォッシャーが作動するようだ。ということは、知らないうちにヘッドライトウォッシャーを使っていたようだ。でも「一定の間隔」ってどれぐらいなんだろう? 少しググってみたが、あまり明確な答えは見つからなかった。謎だ・・・。


■ E34のパーツ ■    ■ E39のパーツ ■    ■ E60のパーツ ■
■ E46のパーツ ■    ■ E90のパーツ ■    ■ F30のパーツ ■


<<前の記事へ   次の記事へ>>

ご質問はddkunnejpgmail.comまで。

メンテナンス一覧へ