2018年7月14日(土)

DD2号 USB電源 − 使用部品

以前に「DD2号 スマホ用充電電源の変更 − 電流表示付き」と題して、電流表示付きのUSB電源を灰皿部分に埋め込んだことを報告したが、その際に使用しているケーブルはmicroUSBのものであった。最近、DDはスマホを新しくしたが、その充電はmicroUSBではなくUSB Type-Cのコネクタであるため車では充電できなくなってしまった。そこで、この際、USB電源を変更することにした。変更後のUSB電源の仕様は以下のとおりである。

これらの仕様を考慮して、写真1のような部品を集めた。


写真1 集めた部品

赤矢印で示したものは赤LEDの直流電圧計、青矢印で示したものは赤LEDの直流電流計である。また、電圧計の上にある小さな基板は、+12Vで動作するUSB電源である。この電源はQuick Charge 3.0にも対応している。

一番上にあるのはアクリル板であり、USBコネクタや電圧計、電流計を取り付けるための穴をあけておいた。まだ表面に保護ビニールがついたままなので、ちょっと見苦しいが・・・。

下の黒いケーブルは、パネル取り付けガタのUSBコネクタである。これの雌側をアクリル板に取り付ける。

さて、時間を見つけて組み立ててみるか・・・。


■ E34のパーツ ■    ■ E39のパーツ ■    ■ E60のパーツ ■
■ E46のパーツ ■    ■ E90のパーツ ■    ■ F30のパーツ ■


<<前の記事へ   次の記事へ>>

ご質問はddkunnejpgmail.comまで。

メンテナンス一覧へ