2017年6月17日(土)

DD2号 ホイール補修 − その11

遅々として進まないホイール補修作業だが、やっとここまで来た! そう、塗装作業だ! 思い返せば、ここまで長かった・・・。まぁ、そんなことはともかく、マスキングしたホイールを写真1に示す。


写真1 マスキングしたホイール

そういえば、写真2に示すボルト穴の部分にマスキングするのを忘れていた。この奥の部分はボルトの台座が直接当たる部分なので、塗料が付かないほうがいいだろう。


写真2 ボルト穴

そこで、写真3のようにティッシュペーパーを丸めて詰めてマスキング代わりにした。


写真3 ティッシュペーパーのマスキング

写真4のように、全部のボルト穴にティッシュペーパーを詰めた。まぁ、見えないところだし、こんな感じでいいだろう。


写真4 ティッシュペーパーを詰めたところ

これで準備OKだ。今日は、温度が高く、湿度が低い。また、風もほとんど吹いていないので塗装日和だ。塗装のために用意したのは、写真5に示すウレタンスプレーである。本当なら下地としてプラサフを吹いたほうがいいのだが、まぁ、素人塗装なので、そのあたりは省略で・・・(笑)。


写真5 ウレタンスプレー

用意した色は、写真6に示す「メタリックシルバー」だ。


写真6 メタリックシルバー

使う前には、写真7のように40℃ぐらいのお湯につけてスプレー缶を温める。


写真7 スプレー缶を温めているところ

実際に吹く前には、写真8のようにスプレー缶をシェイク! これでもか!ってぐらいシェイク!


写真8 スプレー缶を振っているところ

そして、写真9のように薄く塗っていく。


写真9 塗装中

後でこの上にクリアを塗るので、この段階で艶を出す必要はない。そのため、途中でスプレー缶を温めながら薄く何度も塗っていく。ちなみに、ウレタンスプレーの粒子は有害なので、吸い込まないように微粒子対応のマスクをして塗装しよう。写真10におおよそ塗ったところを示す。


写真10 おおよそ塗ったホイール

ビアスボルトの穴を埋めたところには十分に塗料が付いておらず、なんとなくピアスボルトがあったところがわかるが、この部分は後で別の色を塗ろうと思っている。そう、無謀にも2色塗りに挑戦しようとしている。

それはさておき、メタリックシルバーを塗装した4本のホイールを写真11に示す。


写真11 塗装したホイール

塗装面をよく見ると、写真12のように塗料のダマができているところがある。これは、塗料が固化してからサンドペーパーで修正しておこう。


写真12 塗料のダマ

また、写真13のように、パテ付けが不十分だったところもあった。


写真13 不十分なパテ付け

これの修正は難しいなぁ・・・。まぁ、3メートル離れてわからなければいいか!(笑) つづく。


■ E34のパーツ ■    ■ E39のパーツ ■    ■ E60のパーツ ■
■ E46のパーツ ■    ■ E90のパーツ ■    ■ F30のパーツ ■


<<前の記事へ   次の記事へ>>

ご質問はddkunnejpgmail.comまで。

メンテナンス一覧へ