2016年7月27日(水)

DD2号  スマホ台の製作 − その3

以前のレポートの最後で「問題が見つかった」と報告したが、その問題とは「大きな段差を越えると、スマホがスマホ台から外れて飛んでいく」ことである(笑)。まぁ、かなり速いスピードで悪路を走らない限りは大丈夫なのだが、比較的重いスマホを磁石の力で垂直にスマホ台に取り付けていることから、急な衝撃には弱いようだ。

そこで、この対策として写真1の左側に示すシリコンマットを購入した。購入価格は2枚で147円(送料込み)であった。


写真1 購入したシリコンマット

このシリコンマットは薄いけれど粘着性がある。これをスマホ台に貼り付けて、その上にスマホを置くことにする。ただし、シリコンマットをそのまま置くと、磁石の上にもマットが乗ってしまうので、写真2のようにハサミで適当なサイズにシリコンマットを切断する。


写真2 シリコンマットを切っているところ

うまく角を丸めるつもりだったが、写真3のように若干いびつになってしまった。DDってやっぱり不器用かも(苦笑)。


写真3 切断して小さくしたシリコンマット

これを写真4のようにスマホ台のコイルをカバーするように乗せる。粘着性があるので、接着剤等を使わなくてもベッタリとくっつく。


写真4 シリコンマットを乗せたところ

これを横から見てみると、コイルの上にいい感じでシリコンマットが乗っているのがわかる。


写真5 横から見たところ

これにスマホを乗せてみると、写真6のように4つの磁石できちんとくっつきながら、真ん中部分はシリコンマットでスマホが粘着されて固定されているのがわかる。


写真6 スマホを乗せたところ

実際に車に乗せてみると、写真7のようにコイルが見えなくなっている。


写真7 車載したスマホ台

これにスマホを乗せて走ってみたところ、大きな段差でも全くスマホが動かない。スマホの取り付け、取り外しもスムーズだし、これはいいかも!? シリコンマットは2枚購入して1枚しか使っていない。もう1枚は何に使おうかなぁ。


■ E34のパーツ ■    ■ E39のパーツ ■    ■ E60のパーツ ■
■ E46のパーツ ■    ■ E90のパーツ ■    ■ F30のパーツ ■


<<前の記事へ   次の記事へ>>

ご質問はddkunnejpgmail.comまで。

メンテナンス一覧へ