2013年2月24日(日)

ゴングユニットの修理 − 牛ちゃんより

今回は牛ちゃんより、バック時や警告時に鳴るゴングユニットの修理レポートをいただいたので紹介しよう。


こんにちは。牛です。先日からバックギアに入れてもゴングが鳴ったり鳴らなかったりしていたので修理してみることにしました。
 
純正のゴングを分解してみると下の写真のようになっています。

純正のスピーカーを家のオーディオに繋いでみると、音が鳴りません。よって原因はスピーカーかなと思い、ダイソーにて下の写真のようなスピーカーを購入しました。

4Ωの0.5wと書いてありました。ちなみに純正のスピーカーは80Ωの0.5wです。80Ωのスピーカーなんて見たこともないです。ま、いいかとダイソーのスピーカーをゴングに繋いでみると 蚊の鳴くような音量で聞こえません。そこでDDさんに電話で相談しました。

すると「にゅうりょくいんぴーだんす」「しゅつりょくいんぴーだんす」・・・・DDさんは日本語を忘れてしまったのでしょうか?(笑)
 
訳がワカランので「ありがとう!」と言って電話を切り、100均巡りして32Ωのスピーカーを見つけてきました。


 
これを写真のように接続し、下の写真のように車両に戻しバックギアに入れると純正より少し小さい音ですが、十分な音量で「ポーン、ポーン」と鳴りました。


 
てことで終了〜。誰も「おい、お前のゴング見せろよ」なんて言うわけないので見た目は気にしな〜い。


出力回路のインピーダンスとスピーカーのインピーダンスがイマイチ合っていないので、少し音が小さくなるのだろう。あんなに説明したのに聞いてなかったのかよ!?(笑)。ちなみに、理論的にはエネルギー換算で82%程度か?

末尾ではあるが、いつもながら面白く有用なレポートをいただいく牛ちゃんに感謝する。


■ E34のパーツ ■    ■ E39のパーツ ■    ■ E60のパーツ ■
■ E46のパーツ ■    ■ E90のパーツ ■    ■ F30のパーツ ■


<<前の記事へ   次の記事へ>>

ご質問はddkunnejpgmail.comまで。

メンテナンス一覧へ