2009年4月16日(木)

エアコンヒーターコア周辺からの水漏れ修理 その2 − medama1goさんより

冷却水大量吐血となったmedama1go号の「エアコンヒーターコア周辺からの水漏れ修理 その 1 − medama1goさんより」のレポートの続編だ。


さて、部品の補修と新品部品が揃った所で組み付けですが、組みつけの前にせっかくですから掃除をしておきます。

こちらはヒーターコアのあった場所。

クーラントの乾いた跡がありますね。ということはどういう形であれ、車内側でも漏れていたということになります。なるほど、ヒーターをつける度にクーラント臭かった訳です。

これをお湯を流して雑巾で綺麗にふき取ります。

これで不快な臭いともオサラバです(笑)。

これはバルクヘッドから来ているヒーターライン。接続部に若干腐食しような跡がありますので、ワイヤーブラシで掃除します。

掃除が済んだらOリングを取り付け。むこう向きの1本にはまだつけません。

こちらの接続パイプにもOリングをつけておきます。

これらのOリングには油性のグリスは厳禁です。滑りが悪く入りづらいと感じるならば、薄めた中性洗剤をつけましょう。油がつくと、膨潤して使い物にならなくなります。ゴムを侵さないシリコン系なら大丈夫かもしれません。

ヒーターコアのパイプ取り付け部の裏側に、忘れずに角ナットを入れておきます。

いよいよ車体へ据付です。

一番左上のパイプ接続部にOリングをつけて、無理をしないよう慎重に押し込んでいきます。

このOリングだけは、このようにしないとパイプがとまりません。ここのパイプの留め金は、左上がボルトを締める代わりに引っ掛けになっており、固定部分下側から挿入して、右へ回して引っ掛けるようになっているのですが、パイプの入り方が不完全だと、絶対に回りません(経験者談)。これのおかげで30分は無駄にしました。

左上の1箇所が止まったら、あとは接続パイプを取り付けます。

下側のパイプ中ほどに隙間テープが巻いてありますが、これはヒーターコアに差し込んであるセパレーターとの隙間を埋めて、助手席と運転席の温度がきっちりと分かれるようにするもので、最初から巻いてあるものです。巻きなおす場合は、きちんとセパレーターに当たる様に、位置を確認して巻いてください。

ここまで組んだら、一度漏れがないかテストします。エンジンルームを触っていなければそのままで良いのですが、私はバイパス処理をしてあるので、これを復旧しなければなりません。

これがバイパス処理してある状態。

ちょうど中ほどに、奇妙なネジが見えますね。このネジのついたパイプでバイパスしてあります。

どうバイパスしてあるか見てみますと、

Aと書いてあるホースはaと書いてあるパイプにつながり、ヒーターからのクーラントの戻りを受けるホースになります。Bと書いてあるホースは、ヒーターポンプへ繋がり、ヒーターへのクーラントの供給ホースとなっています。ですから、この間でバイパスしているため、ヒーター周りには一切クーラントが流れないようになっているのです。

このバイパスに使用したパイプですが、このような部品です。

ゴムホースの途中に金属のパイプが挿入してあります。しかも、このパイプの固定に使っているホースバンドはなぜかBMW純正。

これは以前ヘッドガスケットを交換した時に、ペリカンパーツから購入した部品で、ペリカン品番で64-21-1-391-766-M66になるものです。

当時はまだETKももっていなかった為、ペリカンパーツのWebカタログ上から注文していました。最初は間違えて注文したと思ったのですが、注文しなおしても同じ部品が来たので、これを使っています。今も同じ部品が来るかどうかはわかりません。

でもこれ、品番で検索すると、前期M5用のパーツなんですね。前期M5はこんなパイプがついているんでしょうか?

パイプだけ拡大するとこんな様子です。

裏返してみると、穴が開いています。

この穴はネジで塞がれています。

で、ネジを緩めると穴が開くようになっています。

意外な部品が意外なところで役に立ちました。

さて、次回はヒーター復旧です。「エアコンヒーターコア周辺からの水漏れ修理 その3」へ続く。


さて、次回はいよいよ完結編だ。

末尾ではあるが、いつも詳しくて有用なレポートをいただいくmedama1goさんに感謝する。


■ E34のパーツ ■    ■ E39のパーツ ■    ■ E60のパーツ ■
■ E46のパーツ ■    ■ E90のパーツ ■    ■ F30のパーツ ■


<<前の記事へ   次の記事へ>>

ご質問はddkunnejpgmail.comまで。

メンテナンス一覧へ