2008年10月27日(月)

ボールジョイントの仕組み − あるぴな小僧さんより

今回は、E32にお乗りのあるぴな小僧さんより、なかなか興味深いレポートをいただいたので紹介しよう。


【はじめに】

前々レポートでフロントのアームを交換した。以前から気になっていたボールジョイントの仕組みを調べたのでレポートする。アームの交換の際、外した古いアームのボールジョイントを調べるべく分解してみた。

 

【ボールジョイント部の分解】

取り外したロアアーム(コントロールアーム)である。


人差し指で押しても軽くふにゃふにゃになったボールジョイント。

ボールジョイントの裏側はカシメてある。

カシメをグラインダーで削り落としてしまう。

ジョイント側からピンを叩く。


押えのプレートが外れる。

中になにやら黒い物体が顔を出す。

更にピンを押えると中身が顔を出す。

内部の部品一式である。

この黒いものがボールを受けているところである。


なんとプラスチック製である。

受け側は少しテーパ状になってる。

構造から推測すると、カシメの力でボール受けを押し込みテーパで球体を締め付けているみたいだ。

と、言うことはカシメの力を増やすと硬さが復活するのでは? と考えが浮かんだ。ためしにもう一本のカシメをハンマーで叩いてみた。

やはり、指では動かないまでは復活した。ただ方法が悪かったのか新品程度には復活しなかった。ハンマーでなく油圧プレスでちゃんと押せばもう少し復活しそうだ。

恒久的には取替えが良いのだろうが、応急措置としては役立ちそうである。


まさか、プラスチックの部品でボールを受けていたとは!? 金属だと堅すぎて摩耗するからだろうか?

末尾ではあるが、面白いレポートをいただいた あるぴな小僧さんに感謝する。


■ E34のパーツ ■    ■ E39のパーツ ■    ■ E60のパーツ ■
■ E46のパーツ ■    ■ E90のパーツ ■    ■ F30のパーツ ■


<<前の記事へ   次の記事へ>>

ご質問はddkunnejpgmail.comまで。

メンテナンス一覧へ