2008年2月18日(月)

ホイールスポンジ4号 使用例 − PINさんより

ホイールスポンジ4号 製作編 − PINさんより」で製作したホイールスポンジ4号の使用例のレポートが届いたので紹介しよう。


以下に、先日DDさんから依頼を受け製作した「ホイールスポンジ4号」の使用についてレポートする。

ホイールスポンジ4号を使用して自車のホイールを掃除したのは、@KANSAI昼オフミのあった17日朝のことだ。使用例のレポートを急かされていたものの、先日から風邪気味で本当はやりたくなかったのだが、昨晩、製作編がDDさんのメンテページにアップされてしまったこともあり、慌てて報告する次第だ。。。でも、オフミで誰もホイールが綺麗になってたこと気づいてくれなかった・・・_| ̄|○ 

私の住んでいるのは、賃貸マンションなので洗車するスペースはない。なので、近くの洗車場に出かけた。

まずは、ホイールに水で薄めた中性洗剤を吹きかける。

ここでホイールスポンジ4号の出番だ!

ムムム・・・ E34純正15インチアルミのスポークデザインは目が細かい。そのため、ホイールスポンジ4号の長所であるウチワ型デザインが仇となり、お互いのスポンジ同士が邪魔をしてスポークの切れ目を洗うことができない・・・_| ̄|○

3号の「洗いずらい」どころか「洗うことすらできない」・・・・(分かりやすいオチやね〜!)

やむを得ずホイールスポンジ4号を解体し、ホイールスポンジ1号OR2号改をその場で製作した。

ホイールスポンジ1号OR2号改は、スポンジ部分が取れないように割り箸の根元部分をゴムテープでグルグル巻きにしてみた。その使用例は以下の写真だ。

ホイールスポンジ1号OR2号改の働きで、自車のホイールもそれなりにきれいになった。

そして、次の写真が解体されたホイールスポンジ4号だ。。。(泣)


トホホ・・・の結果に終わったホイールスポンジ4号。

今回の失敗について考えるに・・・やはり、要件定義(3)として「絶対に使えること」や「使いやすいこと」―とかを加えるべきだった・・・のではないだろうか。

この雪辱は、草葉の陰から見守っていてくれた5号の製作者に晴らしてもらえることだろう。

・ ・・ねッ、といさん・・・(笑)

以上で今回のレポートを終了する。


なんか、期待通りのオチだ(笑)。

3号、4号の雪辱は、「ホイールスポンジ5号」として、といさんに晴らしてもらおう!

なお、ホイールスポンジ開発のレポートは、随時受け付けているので、「我こそは!」と思う人は、どんどん投稿して欲しい。ただし、何号になるかは受付順にさせていただく。

末尾ではあるが、快くホイールスポンジ4号の開発を引き受けていただいたPINさんに感謝する。


■ E34のパーツ ■    ■ E39のパーツ ■    ■ E60のパーツ ■
■ E46のパーツ ■    ■ E90のパーツ ■    ■ F30のパーツ ■


<<前の記事へ   次の記事へ>>

ご質問はddkunnejpgmail.comまで。

メンテナンス一覧へ