2006年10月10日(火)

点火系のリフレッシュ − medama1goさんより

今回は、久しぶりの登場、medama1goさんより535の点火系リフレッシュのメンテレポートをいただいたので紹介しよう。


どうも、medama1goです。4月に購入した部品、購入後すぐに交換したのですが、その後なんやかんやとありまして、やっとレポートを作りました。

さて、私の535ですが、冬場になり気温が下がると、アイドリングにばらつきが生じたり、信号などで停車した後、スタートするときに息つきを生じたりしていました。そこで、前回ヘッドOH時にそのままにしていた、点火系のリフレッシュをすることにしました。

まず、エアフロまでのインテーク1式と冷却ファン、ファンシュラウドを外します。

外した後は、ラジエターコアを傷つけないように、ダンボールなどで養生しておきましょう。

デスビキャップのカバーを外し、

プラグコードとセンターコードの接続を外します。

矢印の3本のボルトを外し、デスビキャップを外します。

デスビキャップの新旧比較、当然右が新品です。古いほうはずいぶんと煤けて、電極も消耗していました。

次はデスビローター。ヘックスレンチでこれまた3本のネジを緩めます。このネジはちょっと固いかも知れません。

これまた新旧比較。右の古いほうは...汚い!!

新しいローターとキャップを、無理のない方向に取り付けます。もっとも、違う向きには絶対に付きませんが。

次はプラグコード。No.6コードから伸びるセンサーのコネクターを外し、知恵の輪のようにしてケーブルをフリーにします。

後は、各プラグと点火コイルからコードを引き抜き、ヘッドカバーに固定している2個のナットを外せば、アッセンブリーごと外れてきます。

プラグコードが外れたところで、点火コイルを交換します。M20、M30エンジンの点火系はデスビ式なので、点火コイルは1個だけ。

まず接続を外すために、上面のカバーを外します。ついでにこのプラスチックのカバーも外しておきましょう。後が楽です。

コイル上面の2つのケーブルを外したら、非常に狭いのですがストラットタワーに固定しているナットを外し、点火コイルを外します。

外したコイルの比較。えらく煤けた旧コイル。いくらか形状変更があるようです。

上から見てみます。鉄心の入り方が変わったのでしょうか?全体の形状と端子には変更はなさそうです。

元どおりに新しいコイルをつけます。やっぱり新品はイイ!

プラグコードが外れているうちに、プラグを交換します。どうでもいいですが、6番シリンダーは本当にやりづらい!

外れたプラグ。今まで55000km、ご苦労さん!!

焼け具合は...こんなもん!?赤茶けたキツネ色でした。

新しい4極プラグのネジ部にコパスリップを少量付け、取り付けへ。写真は4本しか写っていませんが、当然6本全部交換です。

まずはハンドルをつけずに手で軽くねじ込み...

本締め。

某整備士さんによると、DIYで交換したプラグの多くは締め付け不足だそうです。といって、バカ締めするとヘッド側がイカレますので、ここはしっかりトルク管理したいですね。ということで、本締めはトルクレンチで。締め付けトルクは30Nm。

プラグを付けたら、後はプラグコードをヘッドカバーへ付け、センサーコネクターを元通りにつけます。

なお、コネクターについているロック用の針金ですが、取り付ける前にコネクターへ付けておくと、
コネクターを差し込むだけでカチッとロックされます。これは、同様に針金でロックされているコネクター、すべてに共通です。

デスビとプラグコードの接続ですが、デスビはここにナンバリングしてあります。

プラグコード側はここにナンバリング。但し、旧いプラグコードには、コードそのものにナンバリングしてありましたので、物によってナンバリングの方法は違うと思います。

ナンバリングがない場合は... ケースのカバーを外してケーブルを追っかけましょう。間違えるとエンジンが掛かりません。

きれいにカバーが付くようにコードを収め、

プラグと点火コイルを接続します。

後は、インテーク1式と、冷却ファン、ファンシュラウドを戻して完了。

ついでに、こんなものも交換しました。左が旧いもの。

これはヘッドカバーからインテークブーツへつながるブローバイ処理用のパイプ。

これ、最初はプラスチックのパイプだとばかり思っていたのですが、新品を注文してビックリ、なんとゴム製のホースだったのです。どうやら、エンジンの熱とブローバイのオイルなどで劣化し、カチカチに硬化したようです。写真では分かりにくいですが、旧いものはホースクランプの所はちぎれ、成型の合わせ目も割れていました。

作業上で気を使うところは、主にプラグの締め付け時と、デスビへのプラグコードの接続時です。特にプラグコードは挿し間違えると、エンジンがかかりませんので、よく確認して接続してください。まぁ、間違えたからといってエンジンが壊れたりはしませんが。

さて、交換した成果ですが...すでに寒い冬は過ぎ去ってしまい、問題にしていた部分のチェックはできませんでした。ただ、以前から気になっていた部分のリフレッシュができたことで、気分的にスッキリしたのが最大の効果かもしれません!?


点火系のリフレッシュもいいものだなぁ・・・・。でも、DD号(525)は高価なイグニッションコイルが6本もあるので、おいそれとは手が出せない(苦笑)。

末尾ではあるが、いつも有用なレポートをいただくmedama1goさんに感謝する。


■ E34のパーツ ■    ■ E39のパーツ ■    ■ E60のパーツ ■
■ E46のパーツ ■    ■ E90のパーツ ■    ■ F30のパーツ ■


<<前の記事へ   次の記事へ>>

ご質問はddkunnejpgmail.comまで。

メンテナンス一覧へ