2005年1月5日(水)

ボンネットとワイパーアームの干渉対策 − その2

ボンネットとワイパーアームの干渉対策 − その1」では、ワイパーアームの取り付け角度を少し上に取り付けることで、ボンネットとワイパーアームの干渉をなくす方法を紹介した。

その後、いろんな方から様々な方法を教えていただいたので、ここに纏めておこう。

1.ワイパーアームの取り付け角度を少し上に取り付ける

これは実際にDDが実施した方法であり、その詳細は「ボンネットとワイパーアームの干渉対策 − その1」に譲る。

メリット:
 実施が簡単である。ものの10分もあれば実施可能だ。

デメリット:
 高速で走行すると風切り音がうるさい(らしい)。DDは高速道路を100km/hぐらいで走行したが、気にならなかった。レーシングコース等で150km/hぐらいで走行する場合にはうるさいかもしれない。また、ワイパーを動かしていない状態でも、フロントガラスからワイパーが見えて、多少うっとおしいかもしれない。

2.ボンネットを前にずらす

この方法は、ボンネットを少しだけ前方にずらすことで干渉を防ぐものである。方法はboven7さんのページに詳しく説明されている。

メリット:
 バンパーの外し方がわかっていれば、比較的簡単に実施できる。boven7さんの車のように、ラジエターキャップがボンネットに干渉している場合には、一石二鳥である。

デメリット:
 ボンネット前端とフェンダー前端のチリが合わなくなる(もともと合っていないことが多いが・・・)。ボンネット両端とフェンダーとのチリを合わせるのが難しい。

3.ワイパーアームを削る

ボンネットと干渉しているワイパーアームの部分をヤスリやディスクグラインダーで削る。削った後には、何か塗料を塗って錆止めをしておく。

メリット:
 ディスクグラインダーを持っていれば、比較的簡単に削ることができる。

デメリット:
 削るのが面倒かもしれない。ワイパーアームの強度が落ちる可能性がある(おそらく問題ないレベルだと思う)。

4.新品のワイパーアームに取り替える

新品のワイパーアームは干渉対策がされているらしい。ワイパーアームの劣化が干渉の原因という説もある。いずれにしても、新品のワイパーアームを購入して交換する。

メリット:
 ワイパーアームを交換するだけなので、実施は簡単である。新品のワイパーアームになるので気持ちいい?

デメリット:
 新品のワイパーアームを購入しないといけない。価格は6,400円(税抜き)ぐらいだ。ただし、M5のワイパーアームは1万円を越えるらしい。

 

で、DDは結局どうするかって? う〜ん、しばらくこのまま様子を見て、問題があるようならワイパーを削るかボンネットをずらそうかなぁ・・・・。間違っても、新品のワイパーを購入することはない。貧乏だし・・・(苦笑)。

 

その他の情報として、運転席側のワイパーアームもワイパーが一番Aピラーに近づいたときにボンネットと干渉することもあるらしい。この場合は、ワイパーアームの取り付け角度を少し下げればいいようだ。

末尾ではあるが、様々な情報をいただいた諸先輩方に感謝する。


■ E34のパーツ ■    ■ E39のパーツ ■    ■ E60のパーツ ■
■ E46のパーツ ■    ■ E90のパーツ ■    ■ F30のパーツ ■


<<前の記事へ   次の記事へ>>

ご質問はddkunnejpgmail.comまで。

メンテナンス一覧へ