2004年6月15日(火)

マニュアルA/C空調ノブの補修 − yamakawaさんより

今回は、yamakawaさんより「マニュアルA/C空調ノブの補修方法」を報告いただいたので紹介しよう。ちなみに、yamakawaさんは「天井内張りはがれの補修 − yamakawaさんより」で紹介したように、天井のパネルを外して車外へ持ち出した超人である。

以下は、yamakawaさんよりいただいた写真と報告である。なお、文章はDDが一部編集しているところがある。


多分(?)大半のマニュアルA/Cの温度、風量調整ノブ(ダイヤル)が簡単に抜け落ちる方々が多いのではないかと思います(自分のがそうなので、皆もそうだ!と思い込んでます)。


写真1 マニュアルエアコンのノブ

写真2はノブの裏/表です。裏側をよく見ると、差し込み口の所が割れてます。写真のものは、中の金属金具を外した時に割れました。通常は、クラックが入っているだけと思います。しかし、こうなると、シャフトを押さえ込めなくなるのでスカスカになって車の振動で抜けてきます。


写真2 ノブの表と裏

写真3は、中の金具を抜いて、割れた部分を瞬間接着剤で付けた状態です(中に挿入する金具は外したままです。)


写真3 瞬間接着剤で付けたところ

瞬間接着剤で接着しただけでは、またすぐに割れてきてしまうので、ナイロンタイラップで補強します(写真4)。止め金具の反力で樹脂にストレスがかかり割れてきちゃいます。樹脂にストレスは禁物です。後は、金具を入れて完成です。


写真4 ナイロンタイラップで補強したところ

ナイロンタイラップが一個しか見つからなかったので、残りは写真5、6のようにしました。タイラップが無い方は以下のねじりっ子とかハーネスの芯線でも充分です(外さなければディーラーでも、売り飛ばす時でもわかりません)。


写真5 ねじりっ子で補強したもの


写真6 ハーネスの芯線で補強したもの

わざわざ、補強用にタイラップを買う必要はありません。何かご家庭にあるもので代用可能です。接着も瞬間接着剤以外のものでも可能です。乾くのに手間がかかるだけです。ただ、いくら家庭にあるものと言っても、ご飯粒はカビが生えるので駄目ですよ(笑)。

補修後の感想ですが、挿すのは簡単でも抜くのが大変になるくらいにガッチリと付きます。これで、走行中に転がり落ちる事もないと思います。皆さんもご家庭の余り物で補修してみましょう。


以上、yamakawaさんからいただいた「マニュアルA/Cノブの補修方法」を紹介した。個人的には、このような 貧乏くさい お金をかけない補修方法は大好きである。

ちなみに、このダイヤルはディーラーで購入することもできる。

P/N : 64 11 1 384 292 「温度調整ダイヤル」  1,600円/個

3個で4,800円! ボッタクリ いい値段である。しかし、自分で補修すると、ほとんどタダで補修することができるのである。同じようにダイヤルが簡単に抜け落ちる方は試してみてはいかがだろうか?

末尾ではあるが、いつもメンテネタを提供してくださるyamakawaさんに感謝する。


■ E34のパーツ ■    ■ E39のパーツ ■    ■ E60のパーツ ■
■ E46のパーツ ■    ■ E90のパーツ ■    ■ F30のパーツ ■


<<前の記事へ   次の記事へ>>

ご質問はddkunnejpgmail.comまで。

メンテナンス一覧へ