2003年9月7日(日)

リアウィング − 錆止め塗布とトランクダンパー交換

先日、「リアウィング装着 − D.I.Y.塗装は難しい」で、リアウィングを車に取り付けたことを報告したが、その際、2つの作業をしていなかった。それは、

  1. トランクに開けた穴に錆止めを塗っておくこと
  2. トランクダンパーをリアウィング対応のものに交換すること

の2つである。特に、1は雨が降らないうちにやっておかなくてはならない。そこで、早速この2つをやっておくことにした。

まずは、錆止めの塗布からである。使用した錆止めペイントは写真1のようなもので、購入価格は605円(税込み)であった。


写真1 錆止めペイント

色は目立ちにくいように黒色を購入した。トランクに取り付けたリアウィングを一旦外し、写真2のようにトランクに開けた穴に錆止めペイントを塗布する。簡単な作業だ。


写真2 錆止めペイントの塗布

錆止めペイントは、タッチアップペイントのようなものであり、蓋についている小さな刷毛でトランクに開けた穴に塗る。そして、20分ほど乾燥させた後、リアウィングを再び取り付けた。これで、ひとまずは安心である(実際には、トランク材質の金属とネジ材質の金属間に発生する電位差を考慮しなければならないが・・・)。

次にトランクダンパーの交換である。

トランクダンパーとは、写真3の赤矢印のところに付いている2本のガスダンパーのことである。


写真3 トランクダンパーの位置

トランクの中をよく見ると、写真4の赤矢印のところに付いているのがわかるだろう。


写真4 トランクダンパー

リアウィングをトランクに取り付けると、トランク部分が重くなってノーマルのトランクダンパーでは支えきれなくなってしまう。実際、リアウィングを取り付けてからは、トランクを閉めるときにその自重で勢いよくバンッと閉まってしまう。そこで、これをリアウィング対応の480Nのガスダンパーに交換するわけである。

購入したトランクダンパーは、写真5のようなものである。なぜか、「E34/M5-HK」と書いてある。


写真5 リアウィング対応のトランクダンパー

ちなみに、上記のものは、

P/N: 51 24 2 231 663
名称: ガスダンパー 480N
価格: @28.82Euro×2 (8,070円)

である。

まずは、車両に取り付けてあるノーマルのガスダンパーを取り外す。これは、マイナスドライバーでダンパーの先を少しこじってやれば簡単に取り外すことができる。ダンパーを取り外す際には、誰かにトランクの蓋を持っておいてもらわないと、写真6のようにトランクにパックンと食べられてしまうので注意が必要だ。


写真6 トランクにパックンと食べられたところ

新しいダンパーの取り付けはもっと簡単で、ダンパーの先を固定穴に入れると、カチッと取り付けられる。

ちなみに取り外したノーマルダンパーを写真7に示す。


写真7 取り外したノーマルダンパー

取り外す前までは、そんなにヘタってなかったので、もしトランクダンパーがヘタっている人があればお譲りしよう。メールかオフ会で声をかけて欲しい。

トランクダンパーを交換すると、トランクが重さでバンッと閉まることもなくなり、逆にトランクを閉めるのが重く感じるぐらいである。

この2つの作業でリアウィングの装着は完璧だ。


■ E34のパーツ ■    ■ E39のパーツ ■    ■ E60のパーツ ■
■ E46のパーツ ■    ■ E90のパーツ ■    ■ F30のパーツ ■


<<前の記事へ   次の記事へ>>

ご質問はddkunnejpgmail.comまで。

メンテナンス一覧へ